2018.03.25 Sunday

ヨーグルトコーヒー(ホーチミン・ムイネー旅行記)

 


ベトナム ムイネーではカフェにも一日4日くらい行ったぞ。

 

面白みのないことに2軒のカフェを何度も何度も。ってか詳しく言えば、一軒のカフェに朝昼晩で、午後に別のカフェに。そんなわけで注文するものも変化するわけで、今回初めてウワサのヨーグルトコーヒーなるものを飲んでみた。

 

 

ヨーグルトコーヒー

 

ヨーグルトコーヒー

 

そんな少々話題のヨーグルトコーヒーですが、有りか無しかと言えば「有り」。

 

でもミルクコーヒーのミルクをヨーグルトに変えただけで、想定外の味で絶妙な相乗効果ってのはないかな。より円やかだったり、酸味が仲間入りしたとかそんな感じ。

 

有りか無しかと言えば「有り」だけど、飲むか飲まないかと言えば「飲まない」かな。




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

JUGEMテーマ:B級グルメ

 

2018.03.23 Friday

ホーチミン・ムイネー旅行記(ムイネー市場の前のバインミー)

 


ここベトナム・ムイネーで夜はBOKE THOに通うように、朝食も3日連続ここで食う。

 

 

バインミー ムイネー

 

旅のブログとかやってれば、無理やり違う店に行ってネタを拾い集めるんでしょうが、そんな心意気はない。好きなもんだけを食うのみ。そうムイネー市場の前の屋台で炭火つくねのバインミーを食うのだ。

 

 

バインミー ムイネー

 

バインミー ムイネー

 

やっぱりウマいのだ。去年もここで食べて、今回もここで食う。まあそういうことですよ。

 

同じ炭火つくねで言えば、ホーチミンのBanh Mi 37さんが有名だけど、個人的にはシンプルなだけに炭火感が活き活きしていて最高なのだ。汚い話だけど、食後のゲップもウマウマなのだ。食後もウマし。

 

 

バインミー ムイネー

 

さつま揚げのバインミーも食ってみたけど、やっぱ炭火つくねだな。




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

JUGEMテーマ:B級グルメ

 

2018.03.21 Wednesday

ホーチミン・ムイネー旅行記(BOKE THO)

 


ムイネーでシーフードのBBQを食うならやっぱBOKEでしょ。

 

BOKEと言っても同じ店名がいっぱいあるのは人気店にあやかろうとするベトナムあるあるらしい。もうムイネーはBOKEだらけ。

 

我が家は今まで3軒のBOKEに行って、3軒目のここBOKE THOがお気に入りなのだ。BBQなんで味に大差はないと思うけど相性の問題だな。

 

 

ムイネー BOKETHO

 

で、今回も3日連続で行って、毎日ほぼほぼ同じメニューを注文してるんで初日のテーブルの景観をご紹介。

 

ちなみにエビはオススメだけど、半年前のバンコクのエビ食べ放題の後遺症で今回は食っておらんのです。

 

 

ムイネー BOKETHO

 

ムイネー BOKETHO

 

この時の注文は、BBQはホタテと赤貝各500g。

 

 

ムイネー BOKETHO

 

ムイネー BOKETHO

 

その他に空芯菜炒め、イカのフライです。もう完璧、定番すぎ、面白みのない人間性。好きなものを食えばいいのだ。

 

インスタ映え欲しさにワニ食うか?

 

顔より大きいイセエビと2ショット撮るか?

 

しかし赤貝とホタテは地味である。




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.03.17 Saturday

ホーチミン・ムイネー旅行記(FIVE BOYS NUMBER ONE)


ブイビエン通りのFIVE BOYS NUMBER ONEに行ってきました。

 

2年前に来て、嫁に「こんな場所やめなよ」と止められ、昨年も拒否ったのに、今年は嫁が先陣を切ってご来店です。ベトナムに対する気の緩みなのか、どっかのブログで食指を動かされたのか今回は常連客のような振る舞いだ。

 

注文はマンゴーシントー。フルーツをミックスするのがツウなのかもしれんが、マンゴー100%でお願いしてみた。

 

 

FIVE BOYS NUMBER ONE

 

うまい、コレはうまい。水も練乳も使わずフルーツ100%で作っているらしい。安くて量もたっぷりで大満足。果肉もある。

 

 

FIVE BOYS NUMBER ONE

 

なんだかんだで4回行ってマンゴーシントーを飲み続けた。

 

さすがに毎回写真を撮り続けることはなーい。

 

 

FIVE BOYS NUMBER ONE

 

・店名:FIVE BOYS NUMBER ONE

・住所: 84 Bùi Viện Phạm Ngũ Lão Quận 1 Phạm Ngũ Lão Quận 1 Hồ Chí Minh

・営業時間:8:00〜24:00





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.03.14 Wednesday

ホーチミン・ムイネー旅行記(Bun Cha 145 BUI VIEN)


CHE MY 2のあと、順不同ではございますがランチですよ。

 

開店時間の11時半には店頭に客が溢れ、開店後も時々行列ができるようなお店になっちまいましたね。 一年ぶりです。Bun Cha 145 BUI VIENさんに入店です。

 

 

Bun Cha 145 BUI VIEN

 

ブイビエンにあるブンチャー(炭火焼肉と肉団子入りのつけ麺)のお店。おしゃれなのにお値段がおやさしい。

 

注文はそのブンチャーと最初っからお替りのブンを。

 

 

Bun Cha 145 BUI VIEN

 

Bun Cha 145 BUI VIEN

 

肉やらが入ったお椀に麵とちぎった野菜をぶっこんで食べますよ。おしゃれな雰囲気同様お野菜もきれい。お肉の炭火感もタレにいいアクセントになってるし。そのタレの酸味が以前よりやや弱まったのかな。

 

で、忙しいからか、手間を考えたか、衛生面重視か、ブンが個別にラップされて提供されるようになったのはどうなんかな?ラップの中のブンがくっ付いちゃって解けない。手でむしったり、箸でほどいたりしてタレに入れて、その中でほぐして食う。人気店への道まっしぐら感ありますね。

 

ブンもそうだけど、タレの酸味の問題が個人的には残念だったな。でも酸味が苦手な人にはいいのかもね。

 

・店名:Bun Cha 145 Bui Vien(ブンチャー・145ブイビエン)

・住所:145 Bui Vien , District1 , HCMC

・営業時間:11:00〜15:30 、17:30〜22:00





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.03.11 Sunday

ホーチミン・ムイネー旅行記(CHE MY 2)


おっさんなのにチェーが大好きなワタクシ、デタム・ブイビエン辺りで必死にチェー屋さんを探しましたよ。歩いてではなくググッと検索ですが。

 

 

CHE MY 2

 

地名で言うと、グエンタイホック通りとチャンフンダオ通りの交差点周辺とよくわかりませんが、歩けばわかるその近さ。「CHE MY 2」さんありましたよ。2ってことはCHE MY 1もあるのかもしれないし、ジャニヲタ風に言えば店名がキスマイみたいじゃね?な店ですね。とりあえずこの店は最初っから2回来るって決めてました。

 

 

 

そんで注文は、Che Bo(アボカドのチェー)とChe Thap Cam Kem(ミックスチェー)。

 

アボカドのチェーはオススメらしいし、アボカド好きなんで注文したかった。 それなのに店員さんが戻ってきて、アボカドはシーズンじゃないから無理、ってボソって言いやがった。2回来るって決めてましたが、アボカドがあればの話ですよ。

 

 

CHE MY 2

 

で、代わりにバインフランを頼んでみた。 チェーとバインフランのウマさを表現するのは難しいですが簡単に言いましょう。個人的見解ですよ。チェーナンボに行くんだったらコッチに来ます。

 

・店名:CHE MY 2(チェーミー・ハイ)

・住所:119 Nguyen Thai Hoc , District1 , HCM





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.03.06 Tuesday

ホーチミンタンソンニャット国際空港から市内までの移動


3年連続で同時期にタンソンニャット国際空港を利用してしまいましたよ。

 

そんなホーチミンタンソンニャット国際空港と市街地までの移動手段ですが、バス、タクシー、Uberなどいろいろありますが、バスは使ったことはない。安いらしいけど、いつもホーチミン到着が深夜だし、早く寝たいし、バスじゃなくてもそんな高くないから。太っ腹です。

 

 

で、3年連続なんで3往復、内訳はタクシー5回、Uber1回です。タクシーが多いのは大きいスーツケースゴロゴロだとUberがリスキーだからですね。

 

 

で、ワタクシがなんでこんなブログを書いてるかというと、このタンソンニャット国際空港から市内までのタクシー情報があいまいだから。なんかチケット制タクシーしかないとか?国内線の方に歩けばメーター制があるとか?

 

いやいやいやそんなことしなくて国際線ターミナルにもメーター制のタクシーいっぱいありますから。確かに国際線ターミナルを出て立ちはだかるのはタクシーのチケットカウンターですが、そこをずんずん突き進めば普通にメーター制タクシーありますよ。

 

 

 

いろんなタクシー会社の係員が斡旋してくるんで、お好みのタクシー会社の係員を捕まえればOK。あとあとあとメーターの確認はお忘れなく。

 

ちなみにワタクシはほぼマイリンタクシーしか乗りません。ビナサンもいいと聞きますが、ビナサンに乗ろうとして何度も間違ってビナタクシーに乗りそうになったので、紛らわしいネーミング問題からビナサンはご遠慮いただいておりますのよ。

 

タクシーの難を言えば、ドライバーさんがそんな地理に明るくないから立派なホテルとかじゃないと辿り着かないかも。住所言ってもちゃんと伝わらないし。往路3回乗って、だいたいホテル近辺でウロウロして、その間メーターは動くし、結果適当な場所で下車してホテルまで歩いてる。ってか日本人らしく良いホテルに泊まればいいのか?





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.02.15 Thursday

ホテルで新トラブル(ホーチミン・ムイネー旅行)

 


今回の旅行は出鼻からヤバかった。

 

出発直前、一方的にホテルがキャンセルされたんです。ほーら大事件だろ?

 

ネットで某有名ホテル予約サイトを利用した、あっ先に言っておこう、某有名ホテル予約サイトと某某ぼかしてるのは、このてん末の結果、今回の宿泊料の半額のクーポンをお詫びに貰っちゃったから。まあ人間ってそういうもんやん。

 

まあそのてん末はこんな感じ。 ベトナム出発前日(28日)の午前中、某ホテル予約サイトから30日から3連泊するホテルの最終案内が来る。去年もお世話になったホテル。これ自動的にシステム上送信されるやつ。そしてその日の夕方、また別のメールが送られてきた。

 

あなたが30日から予約しているホテルが改装するため泊まれなくなりました。代替ホテルを用意しました。そのホテルを利用するかキャンセルするか29日中に連絡下さい。キャンセルしない場合はキャンセル料が発生しますのでご了承下さい。

 

 

なななんだ?もうワケがわからなかった。とりあえず代替ホテルをチェックしてみた。宿泊料、評価とも代替とは思えないほど似ても似つかないホテルじゃねえか。しかもエアコンがねえ。

 

ベトナムでエアコン無しって、これは旅行じゃなく修行だろ!こんなホテルを紹介しやがって!!!と怒り心頭、でも自力で他のホテルを探して気が付いてしまった。急に3連泊できるホテルなんてそうそうあるもんじゃねえ、ってかほぼなかった。

 

とりあえず明朝某ホテル予約サイトのコールセンターが始まる10時に電話して懇願するしかねえ。

 

 

 

そんで朝であーる。

 

 

 

10時コールセンターに電話を入れる。そのホテルに予約を入れたのは半年以上前、それが3日前になって急に改装します、そんなことあっていいのか訴える。ダメならダメでもっと代替らしいホテルを見つけてくれと懇願する。

 

 

 

 

11時過ぎ、某ホテル予約サイトから折り返しの電話が鳴る。まず当初予約していたホテルに連絡がつかず状況がよく掴めないこと。そして新たな代替ホテル、フィッシングビレッジ近辺のホテルが提案される。

 

それ無理、ゼッタイ無理ですから。ムイネー3回目ですからその辺の地理とか移動手段とかタクシー代出してくれないとゼッタイ無理ですから。しかも相変わらず評価の悪いホテル。たぶん探しまくって、そのエリアまで行かないと3連泊できるホテルがなかったと想像はできる。でもでもでもそんな理不尽を簡単に受け止められんのじゃ。

 

このまま話を続けても埒が開かないので、ってか出国まで3時間切ってるし、あと1時間で成田空港だし、もうファイナルアンサーもらわんとアカンし、だから言ったった。

 

1時間後に出国手続き開始します。向こう(ベトナム)では電話は通じません。1時間後に最終的な回答をください。(もう代替ホテルには期待できんかったから)ウチの希望は予約したホテルに泊まることです。(ダブルブッキングだと疑わなかったから)そのホテルに行って予約確認書を掲げてやるからホテルの人に覚悟しておけ

 

、そう伝えといてくれ、とな。

 

 

 

12時、某ホテル予約サイトから再三の折り返しの電話が鳴る。話はまとまった。現地スタッフを動員して、ホテルの人に連絡を取ったらしい。そのホテルのオーナーが所有するホテルがそのホテルの横にある。そこに部屋を用意してくれるとのこと。ありがとう、某ホテル予約サイトの担当者に感謝しつつも疑惑は残る。 そんな急に改装するか?ダブルブッキングだろ?ってか、そんなホテル名知らんぞ?グーグルマップで確認できねえんですけど。

 

 

そして旅立った。結果、マジで改装中だった。

 

 

 

ベトナムでは予約があっても急にキャンセルして、改装することがまかり通るらしい。

 

もう一回言っておこう。このてん末の結果、今回の宿泊料の半額のクーポンをお詫びに貰っちゃった。長いものには巻かれるタイプです。




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.01.04 Thursday

風雪おやじギャグ旅VND7

 

 





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.01.03 Wednesday

風雪おやじギャグ旅VND6

 

 





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
information
管理人のお気に入り
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM