有川浩「県庁おもてなし課」


有川浩さんの「県庁おもてなし課」を読みました。

面白いと思うんだけどな・・・。あらすじはこんな感じ。

高知県庁に生まれた新部署・おもてなし課。県外観光客を「おもてなし」
する心で県の観光も盛り立てようというコンセプトで発足。しかし、そ
こはお役所仕事がはびこる公務員。
若手職員・掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特
使就任を打診するが、「バカか、あんたらは」、いきなり罵声を浴びせか
けられる。いったい何がダメなんだ?掛水とおもてなし課の地方活性化に
かける苦しくも輝かしい日々が始まった。

     

さすが有川浩、読ませますね。一部では公務員の頭の硬さをバカにした作
品と批判されているようですね。ネタバレとか恋愛の描き方が幼稚だとか
も。この本は観光のあり方とはなんぞやを小説を通して訴えているいい本
じゃないですか。公務員を通した視点はそれを明確かつエンターテイメン
トにしつらえているからにすぎない。ただこれって小説ですから。

ただお堅い内容なので、そこに甘い恋愛テイストを少々からめた気持ちは
わかるけど小説としては中途半端になっちまったような。 作中のほとんど
の会話が高知弁でそれ自体読みにくいし、その語尾にニュアンスを求めち
ゃうと入り込めないかもしれない。ただその方言が高知県人の気質を上手
に表現しているのかな。

県民性がよく出てて東京や大阪では同じ話の転がり方はしないような気が
しました。面白いと思うんですけんど・・・。



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:小説全般


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

information

管理人のお気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM