辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」


辻村深月さんの「オーダーメイド殺人クラブ」を読みました。

辻村君、君リアルすぎるんだけどなんちゃって中学生じゃないよね?
家でセーラー服なんか着てないよね?

あらすじは、中学二年生の女子アン、派手系のリア充女子。無視、
いじめ、恋愛など様々な日常の中、普通の中学生とは違う「特別な
存在」となるため、嫌な毎日から逃れるために彼女が辿り着いたの
は「死」だった。「私を殺して」、同級生の男子に殺人を依頼し、
「自分の事件」を作り上げていく。ふたりが計画する「悲劇」の行
き先には…。

切なさがいい。中二病。誰もが通る焦燥感、閉塞感、孤独感。少年
少女のやりとりが生々しく心情が丁寧に書かれています。死への依
存は多感な年頃の少年少女の迷いや戸惑いの逃げ道になるのでしょ
うかね。

根拠はないけど本当にリアルさが漂う本でした。辻村さんってサラッ
とネガティブな本を書くけどこの本もそんな感じ。だけど最後にそん
な中二病の少年少女に彼女の優しさが溢れちゃうんだよね。

    

この本はミステリーに分類されるかもしれないけど、明らかに青春も
のですよ。甘酸っぱい青春の記憶です。★多め。



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:最近読んでる本



  

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

information

管理人のお気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM