2018.03.31 Saturday

ホーチミンからムイネーまでのバス事情

 


長距離バス事情を書くほど「通」でない。

 

でも今回のてん末を書いちゃおう。 過去2回ホーチミンからムイネーに行くまでは、一択でシンツーリストを利用してました。ネットで予約もできたし、有名だし。

 

ただ問題点もあった。本数が絶対的に少ない。日程にもよるけど価格が変動する。一回スリーピングバスにも乗ってみたかった。これは「問題」じゃなくて「願望」でした。

 

今まで現地ムイネーにいて思うのはシンツーリストのバスよりも赤いバスの方が目立ってたってこと。調べたらスリーピングバスだし便数も多し、FUTA BUS(フンチャンバス)です。

 

 

FUTAバス フンチャンバス

 

で、今回のバスのチケットを取ろうと思ってシンツーリストを調べたら

 

 

シンツーリストのお一人様バス料金(シッティグシート)

12/30 ホーチミン ⇒ ムイネー 249,000ドン

1/2     ムイネー ⇒ ホーチミン 99,000ドン

 

 

FUTA BUSのお一人様バス料金(スリーピングシート)

12/30 ホーチミン ⇒ ムイネー 130,000ドン

1/2  ムイネー ⇒ ホーチミン 130,000ドン

 

そんなわけで、帰りはシンツーリストだけど行きはFUTAバスを利用してみた。

 

ネットでチケット購入後に届いたメールを読んでいたら、デタム地区から20分くらい郊外のバスターミナルに60分前に来いって書いてあるぞ。ビビッた。

 

ビビッたけど2人でUber利用してもシンツーリストよりも割安だからいいかと思いつつ、デタムにあるFUTAバスのオフィスの近くから乗りたーい!そんな自己主張メールを送ってみた。

 

3時間後、デタムのオフィスに30分前にチェックインしてね的メール返信来たる。仕事が早いぞ!融通が利くじゃねえか!やっぱ自己主張って大事だよな!

 

 

FUTAバス フンチャンバス

 

そんな感じで快適FUTAバスの旅でございました。

 

スリーピングバスは寝ても起きてもゴロゴロもできる。おすすめ。




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2018.03.03 Saturday

エバー航空の機内食


今回のエバー航空の機内食はこんな感じ。

 

サービス精神たっぷりのブロガーなら8食すべて違うものをお披露目しちゃうんだけど、そのためにわざわざ好みじゃないものを食う気概はねえ。しかもメニューの名前なんか知らねえし。機内食に対して無礼な態度でごめんあそばせ。

 

 

成田 ⇒ 台北桃園便(エバー航空)、エコノミークラス

 

エバー航空 機内食

 

エバー航空 機内食

上が特別食のシーフードで、下が普通食のビーフ or チキンのビーフ

 

 

台北桃園 ⇒ ホーチミン便(ユニーエアウェイズ)、エコノミークラス

 

エバー航空 機内食

普通食のシーフードだったような・・・。

 

 

ホーチミン ⇒ 台湾桃園便(ユニーエアウェイズ)、エコノミークラス

 

エバー航空 機内食

深夜から朝にかけてのフライトだったんで、特別食のフルーツで。

 

 

台湾桃園便 ⇒ 成田便(エバー航空)、エコノミークラス

 

エバー航空 機内食

 

エバー航空 機内食

上が特別食のベジタリアンで、下が普通食のシーフード。

 

ウマいかまずいかと言えば、ウマくはなっている、と大人の発言であーる。





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:ベトナム

 

2015.08.16 Sunday

大とっとり展∞(モロッコ旅行記)

 

 

 


HELP ME !

誰かワタクシを助けて下さい。 嫁の鼻歌が止まりません。


止めてくれ!と懇願すると、

止められない、そう、I can stop so ロンリネ〜ス♪となり、

機内で酒を頼もうとすると、

水割りをくださ〜い 涙の数だ〜け♪となり、

お代わりすると、

それでお止しよ〜♪と悪いループに突入中で、極力無視しております。

(1曲目「悲しみが止まらない」、2曲目「メモリーグラス」、3曲目「ブランデーグラス」)

得意曲の「天城越え」だけは阻止したい。。。


はい、とうとう帰国しています。帰国しかけています。

嫁の鼻歌が止まらないのはワタクシのせいです。

砂漠ツアーで、ガイド(ベルベル人)が太鼓を叩き、呪われそうな唄を歌い、舞う(まあいわゆるアトラクション)。その流れでツアー参加者が自国の歌や踊りを披露し合うという情報に触れ、ワタクシは合唱部出身の嫁に歌披露の準備を促していたのだ。「上を向いて歩こう」を歌う気満々の嫁でしたが、披露する機会おとずれーず。

あー残念。

 

 

 

 
てーれん、問題です。次の砂文字が書かれていた時、おっさんは何をしていたでしょう。

ゝ霪のカナダ人の胸元をチラ見中
▲リガリのイギリス人に日の出を知らされ激走中
4飮確簡新のことを妄想中




帰途っす!!!
っか、トランジットでアラブです。


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記




人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 
JUGEMテーマ:旅行


 
2015.08.15 Saturday

モザイクに目がチカチカします∞(モロッコ旅行記)


ミントティーを飲んでいます。

とうぶんは要らないな、とひとりごちてニンマリしています。


 

 



当分」と「糖分」を掛けています。


モザイクといえば大人のセクシーワードだと思っておりました。

雑誌にあった「モザイク消し」を通販で買おうと思ったこともありました。目を細める努力も惜しみません。


しかし世界では、まあモザイクの必要のない国も多いせいか、モザイクへの思い入れが強くないと思うんです。

しかし、ここは国からモザイク柄推しです。




うーん、ワタクシはセクシーなモザイクにドキドキするのが好き。




こんな感じで村上様の古着事情(レコメン)聴いてます。


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:旅行

 


 

 

2015.08.14 Friday

金を巻き上げられ∞(モロッコ旅行記)


昨夜、某国某地に辿り着きました。




ここは
ガラの悪い人が多いらしいです。ハイ怖い。

細い路地に連れ込まれて、両方から挟まれて、金をせびられるそうです。ハイ怖い。

食べ過ぎて細い路地に入れるかどうかも、ハイ怖い。


歩いている傍らに勝手に並び、知らない言語を勝手にしゃべり、ガイドしたんだからガイド料を払え、と恐喝するらしいです。

ハイ怖い。横に並ばれたら体臭がきつそうでそれも怖い。


カメラを構えると、宗教上の理由で逃げる女性がいる一方で、勝手に写真に入り込んで来て、モデル料を払え、と言いがかりをつけてくるそうです。はいパチリ。

と、世間では言われてますがめちゃふフレンドリーで、無駄な先入観に後悔しています。



モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記



人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪
 
JUGEMテーマ:旅行


 
2015.08.13 Thursday

いろはカツオ節∞(モロッコ旅行記)


ワタクシはここに来る前に先人の旅行記を読んだ。

彼女はこんな感じで星降る光景を綴っていた。


流れ星が降った瞬間、現地ガイドが叫んだらしい。

「ながれぶし〜」

と。 どうも日本人客に日本語を教わったものの間違って覚えているらしい。 そしていたずら心旺盛な彼女は

「ノンノンノン、かつおぶし〜」

と間違えを訂正?してあげたのだった。




次はワタクシの番である。 流れ星が降った瞬間、

「かつおぶし〜」

と叫ぶガイドに出会ったら

「ノンノンノン、なにわぶし〜∞」

と教えることにしよう、



と思ったら、出会わなかった。

てーれん、では問題です。
おっさんがこの砂文字を書いたワケは?
ー分の名前がそうだから
嫁の名前がこうだから
その他


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 
JUGEMテーマ:旅行


 
2015.08.12 Wednesday

やさしい日本人∞(モロッコ旅行記)


昨日から2泊3日の現地ツアーに参加しております。

少々小銭を持ち合わせている日本人だけに気遣い無用のプライベートツアー(貸し切り)を選ぶかと思いきや、ガタイの立派な欧米人と混載のミニバス風(グループツアー)に揺られております。


欧米人よ、もっとあっち行け!この線から進入禁止だ。上空部分も進入禁止なんだからな!!!

と思いつつ何も言えません。肩身が狭いです。しかしそれ以上に楽しいです。いろんな国の人を見て、一緒にいることが。


ワタクシたち夫婦はやさしい日本人なんで、プライベートツアーだとガイドから舐められ、文句も言えず、ガイドの言いなりで観光の醍醐味半減になっちゃうんですよね。

と、このグループツアーに参加しました。








、バスに揺られていたら、以前にガイドをチェンジしろ
とマネージャーに詰め寄った嫁の鬼の形相を思い出しました。

あのときサミー(ガイド)は泣いていたぞ。 多少フォローすると、結局4日間くらい一緒にいたサミー(ガイド)と、別れ際に謝罪し号泣していたのは嫁の方だった。

ワタクシは常にうすら笑い。。。


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:旅行

 


 

 

2015.08.11 Tuesday

食欲旺盛∞(モロッコ旅行記)


旅行中はとりあえず食っておこうと思う。

体力を低下させちゃダメなんだ!!!




 

 

 
と、思いつつ、種類・量とも食べ過ぎて腹を壊し体力を低下させようとしています。 

 
ちいさな奇跡も少々起きましたよ。
 

 
カラマル∞です!!!

 



モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記



人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 
JUGEMテーマ:旅行


 
2015.08.10 Monday

こっぱみじんこ∞(モロッコ旅行記)


三大ウザイ客引きの国にいます。

ウザイ客引き第4位の心境が気になります。


で、そんなウザイ客引きの掛け声といえばギャグで足止めさせることが定番です。


そんなの関係ない、おぱぴー!

ダメよ〜ダメダメ、いいじゃないの〜♪



少々古めは時差ってヤツでしょうか?

そんな客引きの皆さんの願いの第2位といえば日本の新ギャグを教わること。新ギャグを教わって、日本人観光客の気をひいて、ぼったくりたい、願いはひとつです。

そんなわけでタタクシははるばる日本のDVDで教えるべき新ギャグの練習してきたのです。

しかし教えを請うもの皆無。参考資料にしていた画像を貼っておきます。まさにこんな気分。








丸山隆平 こっぱみじんこ

こっぱみじんこ



死者たちの広場


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記

 



人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 
JUGEMテーマ:旅行


 
2015.08.09 Sunday

嫁の気遣い∞(モロッコ旅行記)


日本を出発してから30時間以上。いやいやいや職場から直行なので、家を出発してから40数時間、 昨夜やっとリヤドに辿り着きました。

(この地ではホテルをリヤドとスカした呼び名で言う)

とうとうウエスト(腰回り)を解放してやりましたよ。移動中、食って寝てるだけなんでお腹ぱんぱんでした。

ホテルはメディナ(この地では市街をメディナとイカした呼び名で言う)の中にあって、このメディナは昼間でも戸惑う迷路のようなエリア。

そんな場所になんとか辿り着きました。正直言うと1時間くらいさまよってキレてやりましたよ。で、結局宿の人に迎えに来てもらいましたが。まあ笑っておきませう。

で、ご褒美ってやつでしょうか?リヤドを手配した嫁の計らいでしょうか?

このリヤドに連行されたとき興奮して叫んでしまいました。




ここのホテル名:RiadArjan(リアド あるやん!)


モロッコ旅行記本編はこちら⇒モロッコはウザくなかった旅行記





人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

 

JUGEMテーマ:旅行

 


 

 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
information
管理人のお気に入り
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM