伊坂幸太郎『死神の浮力』


伊坂幸太郎さんの『 死神の浮力 』を読んでみました。

まず言いたい。憎いのは犯人ではなく、文章を混乱させるキミだ!

あらすじは、一年前、一人の少女が殺された。犯人として逮捕さ
れたのは近所に住む二十七歳の男性、本城崇。彼は証拠不十分に
より一審で無罪判決を受けるが、被害者の両親・山野辺夫婦は本
城が犯人だということを知っていた。人生をかけて娘の仇を討つ
決心をした山野辺夫婦の前に、「死神の精度」で登場した死神の
千葉が現れる。



感想です。正直言って、愛娘が殺された復讐劇という設定が笑い
にくい。笑いたいのに切なさが邪魔をする。もっとスカッと笑い
たいのに簡単には笑わせてくれない作品だ。

設定だけじゃなく、伏線もさりげなさすぎて、伏線を再確認する
のに手間取って本に集中できなかったのは僕の読解力と集中力の
問題か。エア地団駄を踏んでしまったのは事実で最初から2回読
むつもりで読んだほうがいいかも。

読んでいて、パスカルや渡辺一夫、父親 の言葉を借りたメッセー
ジ色が強く、それぶん面白みが隠れてしまっているような感じが
しました。 こんな面倒臭い文章を書くなんて伊坂さんは敬意を払
ってもらいたいに違いないな。

傘を折りたたんだ後に出てくる牧田さん、なんか気になる。


人気ブログランキングへ ←いつも読んでいただき、ありがとうございます♪
 
JUGEMテーマ:最近読んでる本


 

三浦しをん『神去なあなあ夜話』


三浦しをんさんの『神去なあなあ夜話』を読んでしまいました。

腹がいてえ。腹筋が、だらしない腹筋がぶるぶるするぜ。ぴくぴくと
言えないのはご謙遜ってやつだ。前作『神去なあなあ日常』の続編。
前作を読まないとどっぷり浸かれないので三浦さんに印税を儲けさせ
たってくれ。

前作のあらすじは、高校卒業後、フリーターになるはずだった横浜在
住の平野勇気君。勝手に「緑の雇用」制度に応募され、林業の町神去
村に住むことに。神去村の住人の口癖は「なあなあ」、おっとりして
いるようで静かに破壊的言動を繰り返す。百年単位でサイクルする林
業に従事するなあなあな住人は平野君に何を与えるのか。


                  


いやいやいや今回も笑った。続編の難しさもあるけど、面白さは相変わ
らず。大笑いできるって幸せだ。愛すべきキャラ山盛りで、愛さざるべ
きキャラはまったくいない。

オコゼーーー!

百年後を見据えて山に木を植え続ける神去村のみんなは変わらずいい感じ
にのんびりし、勇気君の馴染み具合もほっこりしました。ファンタジーな
神去村で繁ばあちゃんがとうとうミラクルが起こしましたよ。しをんさん、
まだまだいけますぜ。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。ポチしてもいいんじゃないじゃない♪

JUGEMテーマ:読書感想文


 

西加奈子『ふくわらい』


西加奈子さんの『ふくわらい』を読んでみました。

先っちょだけ読んで、すべてを語ってはいけないと思ったら、すべてを
語ってもいいらしい。念のため全部読んだけど、男が「先っちょだけ」
と言えばアレなのに、この本の「先っちょだけ」は先っちょがすべてで
あり、すべてが広がって行くんでありました。

哲学です。西加奈子が、西加奈子すぎる本でした。

あらすじは、マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、書籍編集者の
鳴木戸定。25歳。唯一の趣味は、暗闇でのひとり遊び。彼女は幼い頃、
紀行作家の父に連れられていった旅先で、誰もが目を覆うような特異な
体験をした。 その時から、定は、世間と自分を隔てる壁を強く意識する
ようになる。 日常を機械的に送る定だったが、ある日、心の奥底にしま
いこんでいた、自分でも忘れていたはずの思いに気づいてしまう。

 
     

感想です。ツボです。ツボの迷宮に入り込んでしまった。面白かった。
理解に重点を置き、「体感」しようとしない自分を知るきっかけになり
ました。ただ賛否両論かもね。世界観がすさまじくて毛嫌いする人もい
るでしょう。ただ僕は大笑いして、ちょっとだけそのメッセージに考え
させられました。そんなへんてこな本です。

西加奈子の本にプロレスラーが出てきたら西加奈子好きにはどんな本か
わかるに違いない。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。ポチしてもいいんじゃないじゃない♪

JUGEMテーマ:読書感想文


 

有川浩「県庁おもてなし課」


有川浩さんの「県庁おもてなし課」を読みました。

面白いと思うんだけどな・・・。あらすじはこんな感じ。

高知県庁に生まれた新部署・おもてなし課。県外観光客を「おもてなし」
する心で県の観光も盛り立てようというコンセプトで発足。しかし、そ
こはお役所仕事がはびこる公務員。
若手職員・掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特
使就任を打診するが、「バカか、あんたらは」、いきなり罵声を浴びせか
けられる。いったい何がダメなんだ?掛水とおもてなし課の地方活性化に
かける苦しくも輝かしい日々が始まった。

     

さすが有川浩、読ませますね。一部では公務員の頭の硬さをバカにした作
品と批判されているようですね。ネタバレとか恋愛の描き方が幼稚だとか
も。この本は観光のあり方とはなんぞやを小説を通して訴えているいい本
じゃないですか。公務員を通した視点はそれを明確かつエンターテイメン
トにしつらえているからにすぎない。ただこれって小説ですから。

ただお堅い内容なので、そこに甘い恋愛テイストを少々からめた気持ちは
わかるけど小説としては中途半端になっちまったような。 作中のほとんど
の会話が高知弁でそれ自体読みにくいし、その語尾にニュアンスを求めち
ゃうと入り込めないかもしれない。ただその方言が高知県人の気質を上手
に表現しているのかな。

県民性がよく出てて東京や大阪では同じ話の転がり方はしないような気が
しました。面白いと思うんですけんど・・・。



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:小説全般


 

西加奈子「円卓」


西加奈子さんの「円卓」を読んでみました。

ちょっ待てよ!円卓を読んでいたらキムタクのモノマネが止まらなく
なりました。止まらない自分に、ちょっ待てよ!なんてツッコミを入
れるもんだから、キムタクスパイラルの完成です。

ああそうだ、あの深紅の大きな円卓の話でした。

あらすじは、貧乏だけど仲良し幸せ家族の琴子。好きな言葉は「孤独」。
平凡を嫌い、複雑な家庭に生まれ孤独を味わいたいと願う。ひとり部屋
にこもり孤独を骨の髄まで味わってきゅうきゅうに苦しんでそしてひっ
そり涙したい。そんな琴子(小3)のおもろい日常を描く電車では読め
ない作品。

        

おもろすぎる。おもろすぎるがな。何がって答えられないけどおもろい
のだ。うるさいぼけ。小3は確かに魅力的なお年頃なのか。僕も好奇心
丸出しだったあの頃を思い出してしまいました。

「母さん、僕、自分を見つめ直すためにダッショクするよ」、そう言った
僕をビンタした母。テレビで見たお坊さんが断食する姿に感銘を受けて、
「断食」をダッショクと読み違ってしまっただけなのに、母の脳内は

「ダッショク=脱色=不良への第一歩」

に至り僕を殴ってしまったらしい。うるさいぼけ。そんな僕の思い出話は
どうでもよくて、そう言えば白血病に憧れたり、父と母の血液型を聞いて
A型とB型と聞いてドラマのない両親を蔑んだのもあの頃だったかもしれん。
今思えば失礼なことだけど、ただそんな時期は誰にでもあって、それを思い
出すために読め、とかそんなんじゃなくて笑いたけりゃ読め。そんな感じの
本でした。

僕の話はおもろないけど、この話は西君のセンスがキラキラしてるはず。
ああ僕は文章力がわからなくなってしまいました。悩ましい。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:小説全般


 

辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」


辻村深月さんの「オーダーメイド殺人クラブ」を読みました。

辻村君、君リアルすぎるんだけどなんちゃって中学生じゃないよね?
家でセーラー服なんか着てないよね?

あらすじは、中学二年生の女子アン、派手系のリア充女子。無視、
いじめ、恋愛など様々な日常の中、普通の中学生とは違う「特別な
存在」となるため、嫌な毎日から逃れるために彼女が辿り着いたの
は「死」だった。「私を殺して」、同級生の男子に殺人を依頼し、
「自分の事件」を作り上げていく。ふたりが計画する「悲劇」の行
き先には…。

切なさがいい。中二病。誰もが通る焦燥感、閉塞感、孤独感。少年
少女のやりとりが生々しく心情が丁寧に書かれています。死への依
存は多感な年頃の少年少女の迷いや戸惑いの逃げ道になるのでしょ
うかね。

根拠はないけど本当にリアルさが漂う本でした。辻村さんってサラッ
とネガティブな本を書くけどこの本もそんな感じ。だけど最後にそん
な中二病の少年少女に彼女の優しさが溢れちゃうんだよね。

    

この本はミステリーに分類されるかもしれないけど、明らかに青春も
のですよ。甘酸っぱい青春の記憶です。★多め。



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:最近読んでる本



  

本多孝好『at Home』


本多孝好さんの『at Home』を読んでみたよ。家で、家で、
ときどき電車で。

内容は、風変わりでいびつな家族の絆を描いた家族小説。
「at Home」「日曜日のヤドカリ」「リバイバル」「共犯者たち」
の4話収録です。本多さんの『WILL』が良かったので、つい。

一番初めの表題作「at Home」を読んだときは涙ちょちょぎれて、
これは間違いない。見事なエンターテイメントだと思いました。

が、作品ごとにだんだん小ぶりな感じになってしまったのは残念。
どれも本多さんの独特の温かさがあってキャラは愛さずにはいられ
ない面々だのに。

  

弥生さんは3月生まれより12月生まれのほうがグッと来るね。何か
むずかしいことを忘れたい時、本屋で表題作だけ立ち読み読みすれ
ば、お互いのためいいと思います。



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:最近読んでる本


 

辻村深月『水底フェスタ』


辻村深月さんの『水底フェスタ』を読んでみました。

最近は『ツナグ』『本日は大安なり』と連作短編ばっか読んでいたので
長編小説は久しぶりですね。

テイストは面白い。古きものに縛られ、隠蔽体質&閉塞感たっぷりの村
で何が起きるのか?珍しくエロ描写もあったぞ。ただ読んでみると、短
編ではあんなに上手に描いていた人物描写が物足りない。もっとのめり
込ませて欲しいのに肩透かし。全体的に重いんだけど、救われない重さ
が嫌だ。読後感もいいもんじゃない。

この本こそ水底に沈めてしまいたい!!!
 

     

あらすじは、村も母親も捨てて東京でモデルとなった由貴美。狭い日常
に倦んだ広海は突如帰郷してきた彼女に魅了される。彼女の帰郷の目的
それは村への復讐だった。村長選挙を巡る不正を暴き村を売るために協
力する。だが、由貴美が本当に欲しいものは別にあった…。

由貴美の本当の親はいったい誰だったの?血液型で言えばあっちが消えて、
耳の形はあっちに似てる?読み込み不足なんだろうけど、確認したいとま
では思えませんでした。


人気ブログランキングへ ←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!

JUGEMテーマ:読書感想文


 
 

本多孝好『WILL』で号泣

 
本多孝好さんの「WILL」を読んで気持ちよく号泣しました。もやもやも
するけどおススメです。

あらすじは、突然事故死した両親の後を継ぎ、葬儀屋を営むことになっ
た森野、女性、独身、29歳、恋愛ベタ。物語は、葬儀という行為そのもの
よりも、葬儀を終えた後を題材に展開されていく。遺族や故人の想いをど
う受け止め、どう尊重していくのか。いくつかのエピソードを通して、森野
が最後に思い当たった両親への想いは・・・。こんな感じ。

作品中のエピソードは若干ミステリー&ファンタジーっぽい。これ不要。
尊いものを描くんだったら堂々と書いてほしかった。うんうん。複雑にし
すぎてメッセージが伝わりにくいのだ。

とか言いながら、最後ではふわっとして泣けちまったぜ。号泣だ。この
結論だけのためにだらだらと本を書いたんじゃねえだろうなと毒づきたく
なった。終わりよければすべてよし。もしかして、人生も「死」がよければ
すべてよしなのか。

結びはH・A・P・P・Y 、しばらく優しい気持ちが持てそうだ。本多君よ、
お主の名前を覚えておこう。ごちそうさまでした。

【送料無料】Will

【送料無料】Will
価格:1,680円(税込、送料別)



人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。切実にお願いすれば押してくれるんですか?


JUGEMテーマ:最近読んでる本
 
 
 

 
 
 

三浦しをん『神去なあなあ日常』を読んで

 
三浦しをん『神去なあなあ日常』を読んでみたぞ。宮崎駿が絶賛したとか
しないとかは不明だが、ワタクシが絶笑したのは本当だ。


           


あらすじは、高校卒業後はフリーターになるはずだった横浜在住だった
平野君。勝手に「緑の雇用」制度に応募され、林業の町神去村に軟禁?
される。神去村の住人の口癖は「なあなあ」、おっとりしているようで
静かに破壊的言動を繰り返す。

百年単位でサイクルする林業に従事するなあなあな住人は平野君に
何を与えるのか。毎日結果に追われる僕たちは何を感じるのか、
なあなあな本なのに、面白くてなあなあに読めないぞ。

半年後に、三浦しをんさんの別の作品を読みたいです!


今年これで25冊目。忘れないうちに今年読んだ好きな本の途中経過は、

・ 吉田修一『横道世之介』
・ 村山由佳『遥かなる水の音』
・ 三浦しをん『神去なあなあ日常』
・ 北村薫『鷺と雪』



人気ブログランキングへ
←ランキング参加中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!


JUGEMテーマ:小説全般
 
 
 

 
 

 
 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

information

管理人のお気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM